読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AKB48グループに最近感じたこと


CDの売り上げが不振を極める中、今年に入ってミリオンヒットを連発しているAKB48は一つの頂点を極めたというのは誰が見ても否定的ではないと思います。握手会を開いても毎回何万人のファンを集め、人気メンバーは抽選でないと握手すら出来ない状況にもなっています。メンバーのテレビや雑誌、CMなどに多数出演し、かなりの確率でお見えする一種の社会現象と言っても過言ではありません。

最近のAKB48の劇場やイベントでは、出演メンバーは前田敦子大島優子など人気メンバーが出演すると良かったという声が多いのは間違いないところですが、一方人気メンバーが出演するともっと気持ちが高まってもいいはずなのに、どこか盛り上がらない、どこか物足りなかったというファンの声(ブログやTwitterなどで)も結構目につくようになってきた気がします。自分も人気メンバー達は洗練され、綺麗になったと思いますが、後者のファンと同じような想いをすることが多くなってきています。正直、自分はみんなまだ踊らされている感じが否めないけれど、一生懸命に練習している、パフォーマンスしている感じがヒシヒシと伝わってくる研究生が中心となっている公演の方が面白いと感じるようになってきています。

それは何故かと考えてみると、人気メンバー達はみな多忙になってきており、スケジュールが合わずにみんなが集まって練習する時間がとれなくなってきている、他にも原因はあると思いますが、これが大きいと思います。これから年末年始を迎える中でますます多忙となってくることでしょう。

しかし、AKB48劇場での公演を行っても人がまばらだった頃、ビラ配りをする彼女たちを見たことがありますが、そうした苦難を乗り越えて今の地位を気づきあげたAKB48。これがこのグループの骨格にあるはずだと思っています。人気メンバーの大半がアイドルとしては高齢とされる20歳を超えている今、事務所サイドではチーム4を作り、研究生の青田買いなどすそ野を広げる努力をしていますが、人気メンバーを超えられる感じはしません。ひとつの頂点を極めたのがAKB48である一方、次の覇権争いを制するためにどういった仕掛けがあるのか楽しみにしたいと思います。もちろんAKB48グループだけでなく、他のグループにもチャンスはあると思いますが。