読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AKB48前田敦子卒業

なっちゃんがグループにいない今、前田敦子に関しては、特に思い入れはないのですが、世間では結構な騒ぎになっているようですので便乗して自分なりの思いを書いてみたいと思います。

AKB48というグループが絶頂とも言うほどの人気を誇っている今、特に2012年は、もしかしたらこの埼玉でのコンサートで人気メンバーのその後があるとは思っていましたが、それが前田敦子になるとは想像できませんでした。前田敦子高橋みなみは多くのファンの方もご存じのとおりAKB48の顔とも言っても良いくらいの存在であり、プロデューサーである秋元康もあちこちで語っていましたから、そう簡単には手放さないと思っていましたので、本当に想定外の出来事でした。人気メンバーならあの人かなあ、この人かなと勝手に考えたりしていました。

プロデューサーもよく好きにさせましたね。というより本人の強い意思に負けたというべきでしょうか。でもこれはAKB48グループが人気をある程度保つことのできる可能性が少し高まったきっかけになる出来事ではないでしょうか。AKB48を支える主力の多くが20歳を超えつつある中、次世代を担っていく、後継者作りが急がれていたわけで、それを敢行することができる。語弊のある書き方になってしまいますがマスコミが次のセンターは?と煽ることで、ファンの火もついてセンター選びに参加することが出来る。今の人気メンバーにいるとかいないとか、研究生にいるとか様々な意見が飛び交っていますが、次の総選挙がセンター探しのきっかけになるのは間違いないところでしょう。