読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アップアップガールズ(仮) VS THE ポッシボー「VSライブ2012」

10月7日(日)に新宿BLAZEで行われた昼公演に参戦してきました。客の入りは後ろは結構余裕がありましたし、ざっと見た感じ400人程度。ファン構成比はアップガ:ポッシ=3:1といったところでしょうか・・

アップアップガールズ(仮)THE ポッシボーのVSライブは約1年ぶり、ともにハロプロエッグ出身で自分もエッグ時代から良く見ている中。特に最近、THE ポッシボーのライブはご無沙汰でしたので非常に楽しみでした。

まずは、オープニングアクトとしてナイスガールトレイニーが登場。新たな小学生も登場して、「なんじゃこりゃ?!」という感じでした。小学生が引けるとき、「行かないで・・」という声もちらほら出ていました・・

「瞳はキラキララ」「青春万歳!」ナイスガールトレイニーはともにキャナァーリ倶楽部の曲にチャレンジしました。後ろから見ていましたが、周りのテンションが微妙、アップガヲタ中心にこれらの曲を知らなかった人多かったみたいですね。音が飛んだり、振りもバラバラなところも見られましたが、一生懸命に歌って踊っている姿は輝いているなあと実感しました。

オープニングはアップアップガールズ(仮)THE ポッシボーの計12人全員が登場し、ポッシの「なんじゃこりゃ?!」を全員で。「なんじゃこりゃ?!」はとてもテンションの高い曲で早くもおっさんはバテバテ。ポッシもアップガも関係ない、エッグの公演を見ているようで、とても楽しかったし、とても嬉しくなってしまいました。もちろんエッグ時代よりも格段に歌もパフォーマンスも良くなっていましたが。

その後は、THE ポッシボーの単独ステージ。

「HAPPY15」「旅の真ん中」「幸せ花火ゴッゴッGOーッ!」「ヤングDAYS!!」「電光石火Baby!」「永遠ファイヤーボール」の6曲を続けて熱唱。 実は3ヶ月ぶり(アイドル横丁以来)にTHE ポッシボーを見ましたが、改めてTHE ポッシボーのスキルの高さを実感。上手く表現できないですけど、5人がそれぞれに個性を持っていて、やらされている感じでなくて、自分たちがやっているという感じがしました。この完成度を見ると、今もそれに付いているファンはこのグループが解散するまで離れられないだろうなと・・

その後MCで12月単独ライブの告知。この告知もすっかり場馴れして、心地良かったです。最後に「桜色のロマンチック」。

その後2組の選抜メンバーによるモーニング娘。Go Girl〜恋のヴィクトリー〜」を挟んで、アップアップガールズ(仮)のステージへ。 このGo Girlも良かったですね。今後絶対に見る可能性のない組み合わせで、この曲を聞けるだけでとても満足でした。

そして、完全にアップアップガールズ(仮)にバトンタッチ。

「マーブルヒーロー」「メチャキュンサマー ( ´ ▽ ` )ノ 」「バレバレI LOVE YOU」「夕立ち!スルー・ザ・レインボー」「なめんな!アシガールズ」「アッパーカット!」「お願い魅惑のターゲット」「End of the season」を熱唱。「夕立ち!スルー・ザ・レインボー」で音出しのミスがあり、何か新曲か・・と思ってしまいました。

アンコールの後、モーニング娘。の「ワクテカTake a chance」を歌った後、「希望と青春のヒカリ」で終了。 でも曲を紹介するときに、確かロビンだったと思いましたが、「ハローの先輩の最新曲」と言っていましたが、アップアップガールズ(仮)THE ポッシボーで、モーニング娘。で先輩とは言えば、道重さゆみ田中れいなくらいしかいないはずだよな・・と思ってしまいました。

12人でやる「ワクテカTake a chance」はやっぱり迫力ありましたね。本家のモーニング娘。に負けないくらいと感じたのでは自分だけではなかったのでは、と思います。そして、夜はモーニング娘。の公演を見るために中野サンプラザに向かいました。

でも、う〜ん、なかなか上手く書けない。