読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

残念2着!

一口

桜花賞に出走したレッドリヴェールは勝ち馬からクビ差の2着でした。

戸崎騎手「返し馬の雰囲気はとても良かったです。体重は前回から増えていませんでしたが、体は一回り大きくなったというか立派になっていましたし成長を感じました。須貝先生や厩舎スタッフ、牧場スタッフの皆さんがこのレースに向けてしっかり態勢を整えてくれていたので、2歳女王であるという自信を持ってレースに臨むことが出来ました。道中は折り合いもつきましたし、とても良いフットワークで走れていましたね。直線も外に出して追い出すと切れる脚を使っていましたし、最後まで食らいついて、この馬の持ち味である根性は見せてくれたのですが残念です。今日の感じなら距離が延びても全く問題ないと思います」(以上東京サラブレッドクラブHPから)

やはり多くの方が評価した単勝1.2倍の数値にも表れているとおり、ハープスターは強かったです。直線に坂があり、長いといっても阪神マイルを最後方から大外を回して差し切り勝ち。G1という舞台では普通では考えられないことです。レッドリヴェールとはクビ差ですが、上がりの脚を見ても阪神マイルの良馬場の条件ならば、着差は広がることはあっても縮まることはなかったと思います。「怪物」という評価は間違っていなかったと改めて思い知らされました。

ただ、今日のリヴェールのレースは失敗だったと思います。馬体重こそ増えていませんでしたが、陣営がしっかり態勢を整えてくれて、馬自体の出来は前走よりも明らかに良く見えました。4コーナーで後ろから4頭目で、末脚にかけるようなレースを選択。ハープスターに万が一勝つようなことがあるのならば、阪神JFよりと同じ、いやもう少し早く抜け出してこの馬の集中力で粘りこみを図るしかないと思っていましたが・・やや出負けしたこと、他の騎手とのポジション取りの兼ね合いもあったと思いますが、残念でした。

リヴェールはハープスターにもう勝てないかと言われれば、それはないと思います。阪神マイルの舞台はハープスターに絶好で、リヴェールには不向きだったと思うからです。府中の2400mならば、上手く立ち回ることのできるリヴェールの方が、長く使える脚と勝負根性のメリットが生きてこそう。直線が長いとはいえ、後方一気ではハープスターとも言えどもさすがに厳しい。ましてはオークス日本ダービーがある時期は雨にも晒されることも多く、重馬場適性からもレッドリヴェールの方が分がありそう。ただし、リヴェールの方は輸送とかコンディション維持には不安がありそうで、そういった面が一番の課題になりそうですね。

レッドリヴェール桜花賞でこの内容ならダービーの可能性も大ありでしょうが、1勝1敗となったハープスターとの対決を春のうちにもう一度見たいとも思います。出資者としてはダービーに出走して欲しいというのもありますが・・
う〜ん、悩ましい。

まずはリヴェール、桜花賞お疲れ様でした。敗戦は残念でしたが、小さな馬体で良く頑張ってくれたと思います。この敗戦を無駄にしないためにも、まずはしっかりコンディションを整えて欲しいと思います。