読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20161113 つりビットほか「Party Rockets GT presents Rock in’ Together vol.1、2」

 

club asiaで開催されたParty Rockets GTが主催のRock in' Togetherに参加してきた。club asiaクラスのキャパ(と言ったら大変失礼な話になってしまうが)に、主催のarty Rockets GTをはじめ、アイドルネッサンス、つりビット、Ange☆Reve(vol.1のみ)、palet(vol.2のみ)といったアイドルが一同に会する対バンだったから、会場内はパンパンになりそう、非常に気が重い状態でライブに臨んだ。

f:id:holly0925:20161113120745j:plain

vol.1(13時開演の部)

 

整理番号77番で入場。入場したら、O.A.の高橋優里花withミラクルキャンディーベリーのステージが始まっていた。10月に披露イベントを行ったことは頭に入れていたが、ミラクルキャンディーベリーは正直良く分からなかったけど、O.A.にしておくのはもったいない出来だったように感じた。乙女新党の曲を続けて披露した時は非常に懐かしさを覚えた。そのうち、AISがカバーしたりするのかなと思いつつ聞いていた。

 

13時過ぎからParty Rockets GTが登場。Party Rockets GTは対バンに多く出ているグループ、ましては自分が見ている対バンに出演しているから今年に入って結構見ている。6曲披露したが、6曲目に披露したParty Rockets時代の「セツナソラ」の「好きなのに…なぜ?涙こぼれるの?」歌詞、何回聞いてもこの部分がじ~んとくる。

 

13時半過ぎからAnge☆Reveが登場。フェスに出ていたら、見に行こうとするグループ、今年に入ってからも結構見ている。黒い衣装で登場、このグループの衣装は正直、黒か白でわかりやすくて、好き。ダークな感じで始まり、ピュアな感じで終わる。いつものあんじゅれを見ることができて良かった。

 

Ange☆Reve vol.1のセトリ

1.堕天使の心モヨヲ

2.Tell me why~最後の線香花火~

3.Stare

4.ココからイマジネーション

5.Colorful

6.勇敢な恋のセレナーデ

 

14時過ぎからつりビット登場。今日は妄想フィッシング学園の衣装。この衣装も何回か見ているとさすがに見慣れてきた。

 

まずは「妄想フィッシング学園」。みーちゃんのセンター曲。軽いポップスチューンがとても心地よい。そのあとは「Chuしたい」で観客の妄想を膨らませる。自己紹介のあと、「ニガシタサカナハオオキイゾ」で会場を盛り上げた後、しっとりと「渚でラテアート」で会場を和ませる。この選曲は、ファンの心を鷲掴みにする。MCを挟み、「おさかな形キャンディー」「真夏の天体観測」で終了。私は後ろの方で見ていたが、「渚でラテアート」の聞間彩ちゃんのソロのときに、近くから「あれ誰?かわいい」という声が近くから聞こえた。対バン効果ありと感じさせる一コマだった。

 

つりビット vol.1のセトリ

1.妄想フィッシング学園

2.Chuしたい

(自己紹介)

3.ニガシタサカナハオオキイゾ

4.渚でラテアート

(MC)

5.おさかな形キャンディー

6.真夏の天体観測

 

14時半過ぎからはアイドルネッサンスが登場。先週のワンマンからの新衣装。これはとても良い、そして髪型。おろしている髪と衣装が一緒に揺れる光景が堪らない。特に百岡古宵ちゃんの髪型、YOUの発売イベントをやっている頃の彼女を思い出させた。これまで曲を披露した3組(O.A.を入れると4組)と比較すると圧倒的にファンが多かった。

 

アイドルネッサンス vol.1のセトリ

1.踊るロールシャッハ

2.それでは皆さん良い旅を

3.恋する感覚

4.夜明けのBEAT

5.ガリレオのショーケース

(MC)

6.Funny Bunny

 

15時すぎからはエンディングトーク。出演したグループが今日のライブの感想を述べたり、告知をしたりして終了。ライブ出演順にグループの代表がそれぞれ述べていったが、つりビットのみーちゃんがムードを作った後に、アイドルネッサンス宮本茉凜ちゃんが「やりにくい」と言ったとき「らしい」なと思った。

 

vol.2(17時開演の部)

整理番号115番で入場。入場したら、O.A.の竹越くるみちゃんのライブが始まっていた。 この日はもともと体調思わしくなかったが、咳が止まらなくなってきたのでParty Rockets GTのライブの途中で帰路に向かった。

 

17時過ぎからはvol.1とは逆にアイドルネッサンスのライブが最初だった。やっぱりアイドルネッサンスは素晴らしいの一言。

 

アイドルネッサンス vol.2のセトリ

1.6AM

2.金曜日のおはよう

3.シャングリラ

4.ドカン行進曲(己編)

5.あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう

6.手を打ち鳴らせ!!

 

17時半過ぎからはつりビットが登場。再び妄想フィッシング学園の衣装。「ムーンライトキッス」は空気が澄んでくるこの季節にピッタリの曲だと改めて実感する。

 

つりビット vol.2のセトリ

1.渚でラテアート

2.負けないガッツ~いつか世界を釣り上げます~

(自己紹介)

3.爆釣御礼

4.妄想フィッシング学園

(MC)

5.ムーンライトキッス

6.ウロコ雲とオリオン座

 

つりビットの後にはpaletが登場。私的にはpaletは5名のグループの印象が強い。このグループも王道のアイドルソングを持ち味にしているが、つりビットよりは少し力強さが加わっている印象。嫌いではなく、好きな方のグループ。次回見る機会がありそうなら、もう少し曲を聴いてから臨まないといけないなと感じた。

 

最後は少し駆け足になってしまったが、改めてつりビットとアイドルネッサンスの良さを感じた公演だった。特に印象に残った一曲を挙げるとすれば、つりビットでは「ウロコ雲とオリオン座」、アイドルネッサンスでは「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」。

 

アイドルDDを辞めるつもりはないが、つりビットとアイドルネッサンス。今後もやっぱり目が離せないなと感じた一日だった。