読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20161225 アイドルネッサンス、AIS「スマイルネッサンスVol.20~クリスマスマイルネッサンス2016~」

平成28年12月25日都内某所で行われたアイドルネッサンスとAIS-All Idol Songs~が出演したスマイルネッサンスVol.20に行ってきた。

f:id:holly0925:20161227221728j:plain

 

私は開演12時少し前に会場に到着。座席の大半は埋まっていて下手側の後ろ側の席で観覧。開演時間を過ぎると「赤鼻のトナカイ」の音楽が流れ、クリスマスらしい衣装をまとったアイドネッサンスとAISのメンバーが3人ずつ歌いながら出てきた。メンバーが出てくるたびに会場では歓声が聴こえ、クリスマスイベントが始まるんだなあと実感させられた。15人が出揃った後、サンタクロースに模した照井さんが出てくると、メンバーが出てきた時以上の歓声が・・司会が照井さん。これは楽しいイベントになる。そう思わずにいられなかった自分がいた。

 

メンバーの自己紹介終了後、カラオケ大会が開始。1曲目は石野理子ちゃん、徳久陽日ちゃんによる稲垣潤一クリスマスキャロルの頃には」が披露される。「これは・・上手い。凄い。」二人のハーモニーがとても心地よかった。

2曲目は新井乃亜ちゃん、栗原舞優ちゃん、橋本麗愛ちゃんによるJUDY AND MARY「クリスマス」が披露された。照井さんも言われていたけど、乃亜ちゃんの歌声はYUKIの声質に似ていて、エモかった。乃亜ちゃんからはアイドルネッサンスとAISでスケジュールがなかなか合わなくて、自分の考えをLINEでAISの二人に悪戦苦闘しながら伝えて今日のステージに臨んだとの話があった。

3曲目は宮本茉凜ちゃん、野本ゆめかちゃん、関澤朋花ちゃんによるプッチモ二「ぴったりしたいX’mas」が披露された。この曲は毎年のようにハローのクリスマスイベントで聴いていて、今年はハローのイベントに行かなかったから聴けないなあと思っていたがこの場で聴くことができてとてもうれしかった。

 

3曲目終了後、アイドルネッサンスからAISへ、AISからアイドルネッサンスへのプレゼント交換会へ移行。プレゼントにワイワイガヤガヤしている姿は普段大人っぽく見える彼女たちも年頃の女の子なんだあと実感させられた。南端まいなちゃんが用意したプレゼントはマンガ本。ドラゴンボールべジータが好きとのエピソードの披露があった。ちなみにこのプレゼントをもらったのは茉凜ちゃん。

 

プレゼント交換会の後は15人による腕相撲大会へ移行。優勝は圧倒的な強さで徳久陽日ちゃん、準優勝は栗原舞優ちゃん。

 

腕相撲大会の後はカラオケ大会が再開。4曲目として南端まいなちゃん、比嘉奈菜子ちゃん、百岡古宵ちゃん、朝熊萌ちゃん、島崎友莉亜ちゃんによるももいろクローバーZ「サンタさん」が披露される。昨年はアイドルネッサンスの3人でこの曲をやったので5人できてうれしかったとの話があった。

 

5曲目として石野理子ちゃん、原田珠々華ちゃん、徳久陽日ちゃん、磯前星来ちゃんによるサザンオールスターズクリスマス・ラブ~涙のあとには白い雪が降る~」が披露された。アイドルがサザンオールスターズの曲をカバーするとは思っていなかったし、これだけ高いレベルの歌声を聴いて正直感動、感嘆せざるえなかった。

 

6曲目として全員でTomato n'Pine「ジングルガール上位時代」が披露されて終了。15人によるジングルガール上位時代これは素晴らしいの一言で片づけてはいけないのだが、素晴らしかった。

 

石野理子ちゃん、徳久陽日ちゃんがステージにいた「クリスマスキャロルの頃には」と「クリスマス・ラブ~涙のあとには白い雪が降る~」は聴きごたえがあって、イベントが終了した後もこの2曲が頭の中を廻っている。それだけのインパクトがあった。

 

でもこのイベントのMVPは司会の照井さんしかいないと思う。今日披露された曲に対して真摯に語っていたのも好感持てたし、ノリノリでプレゼント交換会や腕相撲大会を進めていたのも好感が持てた。これだけの引き出しの多い方、これだけメンバーのことを考えられる方、こういう方が運営にいるアイドルネッサンス部メンバーだけでなく、ファンも幸せなんだとと感じるイベントでした。

 

スマイルネッサンスVol.20~クリスマスマイルネッサンス2016~のセットリスト

赤鼻のトナカイ(全員)

(自己紹介)

1.クリスマスキャロルの頃には稲垣潤一(石野、徳久)

2.クリスマス/JUDY AND MARY(新井、橋本、栗原)

3.ぴったりしたいX’mas/プッチモ二(宮本、野本、関澤)

(プレゼント交換会)

(腕相撲大会)

4.サンタさん/ももいろクローバーZ(南端、比嘉、百岡、島崎、朝熊)

5.クリスマス・ラブ~涙のあとには白い雪が降る~/サザンオールスターズ(石野、原田、徳久、磯前)

6.ジングルガール上位時代/Tomato n'Pine(全員)