読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界陸上 始まった


いよいよ始まった世界陸上。来年にロンドン五輪を控えた世界陸上だけに2年前のベルリン大会よりも楽しめるじゃないかと思っています。日本では日本人が出る種目が注目されると思いますが、世界のアスリートがベストに近いコンディションで闘う姿を見ることが出来るこれだけでも価値のある大会だと思っています。


女子マラソン。ケニア勢強かったです。まさに世界とのレベルを見せつけられたという感じですね。完敗です。世界と戦うには切り替えに対応できないと全然勝負にならないのはたしかですが、女子でも一瞬で1キロ3分10秒を切るペースに突然上がる。こういったレース展開は日本人には厳しいかも、いや対応できる感じはしません。この急激なペースアップについていくというよりは、少しずつペースを上げて着を拾っていく今日の赤羽選手がやったようなレース展開の方が、日本人には向いているかもしれませんね。今後日本陸連がどういった強化策を打ち出していくか注目してみていきたいと思います。