読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モーニング娘。「コンサートツアー2013春ミチシゲ☆イレブンSOUL田中れいな卒業記念日」〜日本武道館

昨日2013年5月21日(火)田中れいなモーニング娘。を卒業しました。一晩経っても非常に感慨深いものがあります。

武道館での卒業コンサート高橋愛、新垣理沙と3回続けての参戦になります。

2003年5月5日のモーニング娘。CONCERT TOUR 2003春 〜NON STOP!〜で卒業する保田圭と入れ替わりに、道重さゆみ亀井絵里と一緒にモーニング娘。ステージに立ってから10年(実際にはファンイベで生の田中れいなを見たんですけど)。屋台骨としてモーニング娘。を支え続けた田中れいなが卒業したとなると・・やはりじ〜んときます。

「シャボン玉」で早くも重要なパートを任され、さくら組、あぁ!と活躍の場を広げ・・というようにデビューから様々な彼女との思い出が走馬灯(笑)のように蘇えってきます。

自分が思うに彼女がなくてはならない存在と感じるようになったのはミニアルバムに収録されている「キラキラ冬のシャイニーG」を聴いたときでした。少女らしい可愛さを残しつつもしっかり歌いあがる、小さい体のどこにこんなパワーが隠されているのだろうと思いました。このコンサートでも聴くことが出来て良かったです(^O^)

さて、本編を。感じたことや意見などを中心に書きたいと思います。

・今後のモーニング娘。
正直田中れいな卒業するにあたって、コンサート本編よりもこちらを考えてしまいました。重要なパートを任されていた高橋愛。卒業後はりほりほ、鞘師里保がその後を務めるようになりました。その流れからするとやはり重要なパートを任されている田中れいなの後は、ただ一人の11期でまだポジションが決まっていないさくら、小田さくらが務めることになるのが自然でしょう。メインの二人がりほりほとさくら、この二人は「Help me!!」のカップリング「大好きだから絶対に許さない」でコンビを組んで歌いましたが、個人的にはしっくりきませんでした。何かモーニング娘。らしくないんですよね〜高橋愛卒業後は、メンバーが手薄で即戦力に近かったりほりほを持ってこざる得なかった(りほりほファンである自分ですが、この時も聖を据えて欲しかったと思っていますが)。ただ今回は状況は違います。さゆは別格として、9期もりほりほ以外に3人いますし、10期も4人います。個人的には遥にやって欲しいと思っていますが、まだ体力的な問題もあるので、ここは聖でどうだろうかと思います。安定感という面ではかなり気になりますが、ハロプロらしい魅力的なグループになると思うですよね。

田中れいなの卒業セレモニー
これもこれまでの卒業セレモニーとは違って雰囲気でとても新鮮でした。実にれいならしいセレモニーでした。これまでのセレモニーですと、「いままでありがとうございました」「ありがとう、がんばってね」という感じだけでしたが、れいなは後輩に対してアドバイスを述べていく・・モーニング娘。の先輩たちの歴史を汚すなと言わんばかりに、常にれいなが主導権を持ったまま過ぎていきました。香音の力強い歌声が聞けなくなったのもれいなのせいだったんだなあ・・。りほりほも今回は嘘泣きと言われないほど、涙がしっかり出ていましたね。泣き方も上手くなりました(笑)

・れいなからサプライズが発表
いつもでしたらサプライズはつんく♂氏が登場してでしたが、今回は田中れいなから発表がありました。サブリーダーの発表です。サブリーダーとなれば、次期はリーダーとなるのが必至です。これまでのモーニング娘。のリーダーは加入時期が早くて、同期メンバーの中で年長者がなっています。これからするとサブは聖かなと思っていたらそのとおりで、れいなからもう一人という声が。となるとはるなん・・と思っていたら「飯窪春菜」やったと思いました。10期メンバーオーディションから推していた彼女。さゆを除くと年長者で話し方こそあれですが、芸歴が長くしかも自分が自分がいく子が多いメンバーが多いのに対し、きちんとした受け答えが出来て、人がカチンとくるようなことを決して言わない子。好きでなくても嫌いになる人は非常に少ないとタイプだと思うですよね。グイグイ引っ張っていくことは出来なくても上手くまとめあげることが出来ると思います。と考えると、サブを二人にしたのは聖がまだ未熟だからということだからはるなんを加えたのではなく、本当ははるなんを次期リーダー候補にしたかったけど、そうすると9期が反発してしまうので聖を加えたという見方が正しいのかもしれませんね。

・ダブルアンコール
「Happy大作戦」メンバーがれいなの周りに集まり、れいなは全員とハイタッチをしてから曲が始まりました。この曲中本当にHappyでした。そして「Happy大作戦」がメンバーがはけ、真っ暗な会場に「れいな」「れいな」とコールが響き渡る中、聞こえてきたのはあの特徴的なイントロ・・田中れいなが再び登場し「愛する人は〜」と歌い出したら、客席の皆が大きく「れいなだけ〜!」そう「シャボン玉」でした。曲中「シャボン玉」がなかったので、ないかなと思っていましたが最後は王道でした。歌い出しの次のパートを歌ったのはりほりほ、その後メンバー全員にもパートが割り振られていて、れいなの卒業曲でありながらこれからもモーニング娘。を見せる演出になっていました。エンディングまでれいなは一切涙を見せることがことがなく、これが田中れいななんだと改めて思い知りました・・おつかれいな